【卓球戦術教室】シルバーアイゼン - 福原愛 2セット目 世界卓球2016予選リーグ

世界卓球2016クアラルンプール大会予選Bグループ、日本対ドイツの5番手、福原愛選手とシルバーアイゼン選手との一戦です。

シルバーアイゼン 3 11 6 1 福原
11 9
7 11
12 10

福原選手の「天敵」と言われるシルバーアイゼン選手が勝利しました。
ここでは、シルバーアイゼン選手が11-9とした2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
シルバー福原2全
まず、シルバーアイゼン選手のバック攻めに対し、福原選手はブロックではなくバックショート(バックハンドで押しているものを全てバックショートとしています。)で応戦するようになりました。
それに対しシルバーアイゼン選手はバックサイドへの返球率が下がっています。特にバックドライブをコースに打ち分けています。バックドライブのストレート攻撃は印象的でした。
福原選手のレシーブが、長い技術がバックに集まっているので、シルバーアイゼン選手は攻撃体制を整えやすかったのでしょう。フォア前のストップなどが必要でしょう。

シルバーアイゼンの得点時のみのデータ

シルバー福原2 シ得
福原選手はほとんどバックサイドに返球しています。それをシルバーアイゼン選手が待っていました。

福原愛の得点時のみのデータ

シルバー福原2 福得
逆に福原選手がバックショートでフォアに振っています。攻めの姿勢が得点につながっています。

 

次回 3セット目

3セット目は福原選手が11-7で取りかえします。戦術の変換はあったのでしょうか。

3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です