強打の封じ方【卓球戦術教室】ソルヤ - 石川佳純 1セット目 世界卓球2016予選リーグ

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、ドイツ対日本の4番手、ソルヤ選手と石川佳純選手との一戦です。

ソルヤ 3 9 11 2 石川
11 5
13 11
8 11
11 7

接戦の末、ソルヤ選手がラリー戦で上回りました。
ここでは石川選手が11-9で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ石川 1全
石川選手はストップを多用しています。そのストップが浮いて強打される場面もありましたが、相手を前に寄せることで、その後のラリーで優位に立つことができたので、全体的に見るとストップがプラスに働いたと思われます。
強打のある相手に対しては、ストップで相手のパワーを封じることが重要になります。欠かせない技術なので、攻撃型の選手は必ず身に付けましょう。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
ソルヤ石川 1石サ
フォア前の割合が高くなっています。ソルヤ選手はフォア前に対しては、バックサイドへのツッツキやキチータがほとんどなので、的がしぼりやすくなります。

 

次回 2セット目

2セット目はソルヤ選手が11-5で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です