強打の封じ方【卓球戦術教室】ソルヤ - 石川佳純 2セット目 世界卓球2016予選リーグ

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、ドイツ対日本の4番手、ソルヤ選手と石川佳純選手との一戦です。

ソルヤ 3 9 11 2 石川
11 5
13 11
8 11
11 7

接戦の末、ソルヤ選手がラリー戦で上回りました。
ここではソルヤ選手が11-5で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ石川 2全
石川選手は、1セット目で効いていたチキータの割合が増えていて、ストップをほとんどしていません。前後の揺さぶりが無くなったことでソルヤ選手は体勢を整えやすくなり、ラリー戦でのポイントが増える結果となりました。ソルヤ選手はパワーが目立つ一方で緩急も上手く、まともなラリーではなかなか得点することができない選手です。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
ソルヤ石川 2石サ
フォア前に出さなくなっています。投げ上げサーブでフォルトを取られた影響もあるかもしれません。サーブに気を使わなければならない状況で、距離の短いフォア前には出しづらかったと思われます。

 

次回 3セット目

3セット目はソルヤ選手が13-11で取ります。

→ 3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です