強打の封じ方【卓球戦術教室】ソルヤ - 石川佳純 5セット目 世界卓球2016予選リーグ

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、ドイツ対日本の4番手、ソルヤ選手と石川佳純選手との一戦です。

ソルヤ 3 9 11 2 石川
11 5
13 11
8 11
11 7

接戦の末、ソルヤ選手がラリー戦で上回りました。
ここではソルヤ選手が11-7で取った5セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ソルヤ石川 5全
いきなりソルヤ選手の7連続得点となりました。バックサイドに横回転系のサーブを出し、チキータなどの長いレシーブが来たところからバックサイドのラリーで押しきるというパターンでした。石川選手としては、ソルヤ選手の横回転系のサーブをバックハンドでストップはしづらいでしょうが、それでもストップをすべきだったように思います。このセットの後半はストップを使って追い上げましたが、時すでに遅しでした。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
ソルヤ石川 5石サ
巻き込みサーブを全く使っておらず、フォア前もあまり使っていません。無策のままサーブを出してしまっている状態でしょうか。
試合全体の石川選手のフォアサーブのデータです。
ソルヤ石川 all石サ
短いサーブの縦回転(真下回転やナックル)と逆横回転(巻き込みサーブ)は得点率が高くなっています。これを得点率の高いフォア前に出すことが得策であったと言えます。
ロングサーブを定期的に使っていますが、得点に結び付いていません。ソルヤ選手の反応が速く、ラリーに持ち込まれてしまいました。

まとめ

石川選手は短い技術からのラリーが得点になりました。フォア前サーブやストップで相手を前に寄せてからのラリーで優位に立ちました。
ソルヤ選手は長い技術からのラリーで強さを見せました。サーブは横回転系をバックサイドに出してチキータなどをさせ、レシーブはチキータやツッツキなど長い技術を使いました。
石川選手が戦術を徹底しきれなかった分、ソルヤ選手に軍配が上がったようです。

次回 翌日1セット目

翌日の準々決勝で日本とドイツは再戦し、石川選手とソルヤ選手は2番手での対戦となりました。1セット目は11-7で石川選手が取りました。
→ 1セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です