相手の弱点を突こう【卓球戦術教室】ランビエ - 及川瑞基 1セット目 ベルギーオープン2015

ベルギーオープン2015アンダー21準々決勝、ランビエ選手と及川瑞基選手との一戦です。

ランビエ 3 10 12 2 及川
14 12
8 11
14 12
16 14

世界ランキング120位の及川選手と188位のランビエ選手という、まだトップレベルではない2人の戦いです。一見レベルの高い激しいラリー戦ですが、トップ選手との違いはどこにあるのでしょうか。
ここでは及川選手が12-10で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ランビエ及川 1全
及川選手は、バックサイドへのツッツキが有効打になっています。ランビエ選手はツッツキ打ちが苦手なのか、ループドライブしかできず、そこを狙い打ちしたときに得点しています。
ランビエ選手は、フリックなど台上技術が得意なようです。及川選手は、ストップは使わずに長いサーブレシーブで勝負すべきでしょう。

及川瑞基のハンド別のデータ

ランビエ及川 1及
バックサイドにかなり偏っています。ランビエ選手はフォアハンドの方が強いということもあったでしょうが、ミドルを混ぜたり、チキータやループドライブをフォアに送ってからバックサイドを詰めるなどを試しても良かったと思います。

 

次回 2セット目

2セット目はランビエ選手が14-12で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です