相手の弱点を突こう【卓球戦術教室】ランビエ - 及川瑞基 4セット目 ベルギーオープン2015

ベルギーオープン2015アンダー21準々決勝、ランビエ選手と及川瑞基選手との一戦です。

ランビエ 3 10 12 2 及川
14 12
8 11
14 12
16 14

世界ランキング120位の及川選手と188位のランビエ選手という、まだトップレベルではない2人の戦いです。一見レベルの高い激しいラリー戦ですが、トップ選手との違いはどこにあるのでしょうか。
ここではランビエ選手が14-12で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
ランビエ及川 4全
及川選手はやはりストップを多用してしまっています。確かに男子卓球においてツッツキは、打ち抜かれるイメージがあるので勇気が要りますが、有効である以上は覚悟して使い続けるべきでしょう。

サーブのデータ

ランビエ選手は全てバックサーブ、及川選手は全てフォアサーブです。
ランビエ及川 4サ
ランビエ選手は同じサーブを出し続けました。及川選手がストップで返してくれるので、ランビエ選手は台上処理からの強打という得意なパターンに持ち込むことができました。
一方の及川選手は、YGとロングサーブがよく効いていました。しかし、出し惜しみをして他のサーブも混ぜてしまっています。効いているサーブは出し惜しみせずに徹底的に出し続けた方が、相手は嫌がります。

 

次回 5セット目

5セット目はランビエ選手が16-14で取ります。

→ 5セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です