カットマン・対カットマンの戦術【卓球戦術教室】伊藤美誠 - ビレンコ 1セット目 世界卓球2015

世界卓球2015女子シングルス4回戦、伊藤美誠選手とビレンコ選手との一戦です。

ビレンコ 1 5 11 4 伊藤
8 11
12 10
9 11
10 12

前半はカット打ちが得意な伊藤選手が圧倒していますが、中盤以降は大接戦となっています。
ここでは伊藤選手が11-5で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
伊藤ビレンコ 1全
伊藤選手はスピードドライブとスマッシュで計7得点と、めった打ちという感じです。伊藤選手はまずミドルに緩いドライブを送り、対するビレンコ選手はタイミングが合わずにカットが甘くなり、伊藤選手は空いたコースに強打を決めるというパターンでした。

教訓 ループドライブの打点

この試合でも分かるように、伊藤選手はカット打ちがかなり上手です。他にもカットの名手と言われる選手はいますが、そういった人たちのほとんどには共通点があります。それは「ループドライブの打点が高い」ということです。もっと正確にいうと「ループドライブの打点と強打の打点が同じ」となります。これによるメリットは主に2つです。
まず、カットマンがループと強打のどっちが来るのかを予測しづらくなります。これによりカットマンはタイミングがずれて、甘いカットが来やすくなります。一方、ループドライブの打点を下げている人は、バックスイングの時点でカットマンに予測されています。タイミングの取り方やバックスイングの方向を見れば一目瞭然です。
そしてもうひとつのメリットは、下回転を持ち上げやすくなるという点です。ループドライブの打点を下げている場合、地面に向かって落ちているボールを上に持ち上げなければならないので、相応のパワーが必要になります。しかし、ループドライブを頂点前で打てば、ボールは台から跳ね上がっているので、その上向きの力をそのまま使え、かなり楽に打てるようになります。
このように、ループドライブの打点を上げることには大きなメリットがあるんですが、これを実際にできている人はなかなかいないですよね。トップレベルの選手すらループドライブの打点を下げている人は多いんですが、なぜやらない人が多いんでしょうか。
その理由は、ループドライブの打点を上げるということは「ボールを見極める時間が短くなる」ということだからと言えます。相手が打ってから自分が打つまでの時間が短縮されるわけですから当然ですね。なので、カットの回転を素早く見極められないとこの打ち方はできません。結局、毎日カットマンと練習しなければならないということです。
1日30分で十分なので、カット打ちの練習をしてください。回転の見極めとループドライブと強打の打点を揃えることを意識しながら練習すれば、効率的にカット打ちを上達させることができるでしょう。

 

次回 2セット目

2セット目は伊藤選手が11-8で取ります。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です