カットマン・対カットマンの戦術【卓球戦術教室】伊藤美誠 - ビレンコ 3セット目 世界卓球2015

世界卓球2015女子シングルス4回戦、伊藤美誠選手とビレンコ選手との一戦です。

ビレンコ 1 5 11 4 伊藤
8 11
12 10
9 11
10 12

前半はカット打ちが得意な伊藤選手が圧倒していますが、中盤以降は大接戦となっています。
ここではビレンコ選手が12-10で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
伊藤ビレンコ 3全
ビレンコ選手は、スピードドライブとスマッシュで計2得点、そして伊藤選手はスマッシュで6失点です。ビレンコ選手が攻撃を見せたことで、伊藤選手は必要以上に意識してしまい、焦ったスマッシュを打ってしまいました。

教訓 攻撃1本で4点取れる

このセット、ビレンコ選手は適度な攻撃を見せることで流れを変えることに成功しました。ビレンコ選手の攻撃2本で伊藤選手はスマッシュミスを6本しているので、攻撃2本で計8得点、つまり攻撃1本に4点の価値があるということになります。これを、攻撃4本を立て続けに打っても価値は同じく4点でしょう。攻撃に自信のある人はもちろん立て続けに打った方が良いですが、そんなことない人がほとんどだと思うので、攻撃1本に4点の価値を見出だしましょう。
攻撃したときに、相手に焦りが見えたらこっちのものです。こちらは守りに専念して相手のミスを誘いましょう。相手に丁寧さが戻ってきたらまた攻撃を見せるということの繰り返しです。このセットのビレンコ選手はこれが絶妙でした。

 

次回 4セット目

4セット目は伊藤選手が11-9で取ります。

→ 4セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です