カットマン・対カットマンの戦術【卓球戦術教室】伊藤美誠 - ビレンコ 4セット目 世界卓球2015

世界卓球2015女子シングルス4回戦、伊藤美誠選手とビレンコ選手との一戦です。

ビレンコ 1 5 11 4 伊藤
8 11
12 10
9 11
10 12

前半はカット打ちが得意な伊藤選手が圧倒していますが、中盤以降は大接戦となっています。
ここでは伊藤選手が11-9で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
伊藤ビレンコ 4全
ビレンコ選手は、バックサイドへの返球率が上がっています。それまではミドルやフォアサイドへの返球が多かったんですが、バックサイドに集めることで伊藤選手を動かすことでミスをさせていました。しかし、カットはまだミドルに集まり気味なので、これもコースを突けたら、ビレンコ選手はこのセットを取れていたかもしれません。

教訓 カットマンのコース取り

カットマンも、ただカットを入れるだけではなく、コースの使い分けをすべきです。まず知っておくべきは、攻撃型の選手のほとんどは「フォア側の方がカット打ちが得意」ということです。理由は、大体の人はカット打ちの練習をするときに、フォア半面から始めるからです。これを知った上で、相手に合わせたコース取りをしましょう。
まず相手がカット打ちの得意な選手の場合、フォアサイドにばかりに送ると当然めった打ちに遭うので、バックサイドを中心に送って、回り込むなどの苦労をさせましょう。
相手がカット打ちの苦手な選手の場合、バックサイドに送るとツッツキで粘られるので、フォアに送って打ってもらいましょう。勇気は要りますが、全部フォアに送ってもいいと思います。
そしてミドルの使い方ですが、基本的に劣勢のときに使います。劣勢のとき、とりあえずカットを入れて相手の強打に備えるわけですが、このとりあえずのカットをフォアサイドやバックサイドに送ると、相手はクロスのサイドを切ってくる可能性があるので、守備範囲が広くなってしまいます。なのでミドルに送ってサイドを切れないようにします。
これらはもちろん絶対ではありませんが、方針として頭に入れておくといいでしょう。

 

次回 5セット目

5セット目は伊藤選手が12-10で取ります。

→ 5セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です