緊張しない方法【卓球戦術教室】吉村真晴 - 黄鎮廷 1セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対香港の2番手、吉村真晴選手と黄鎮廷選手との一戦です。

黄鎮廷 2 11 6 3 吉村
11 5
11 13
9 11
5 11

黄鎮廷選手がパワードライブで圧倒していましたが、吉村選手が見事な大逆転で勝利しました。
ここでは黄鎮廷選手が11-6で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
吉村黄 1全
吉村選手は、ノーマルドライブで6失点、それもすべてフォアドライブのミスでした。吉村選手にとってはこの試合は大舞台でしたので、かなりプレッシャーがあったと思います。少し下がりすぎて打点が落ちてしまっていました。これを修正するのもなかなか難しいですが、無理のない範囲で打ち慣れていくしかないでしょう。

黄鎮廷の得失点別のデータ

吉村黄 1黄全
得点時と失点時でコース比率が全く違います。強打によるミドル攻めで得点している一方、失点時はバックサイドに集まっています。裏面打法に定評のある黄鎮廷選手といえど、バックサイドの弱さはやはりペンホルダーの宿命のようです。

教訓 緊張しない方法

試合で緊張して実力を発揮できないという人は多いと思います。特に試合の序盤やセットオールデュースなどではなかなか平常心ではいられないと思います。それに対するアドバイスでよくあるのは「メンタルを鍛えろ」や「メンタルに関する本を読め」などで、具体的なものがありませんよね。ということで、僕が経験上で思うメンタルのコントロールを述べていきます。
やることはただ1つ「対戦相手を観察する」です。おそらく緊張というものは、自分の卓球に対する不安、意識が自分に向いているときに生じるものだと思います。なので、対戦相手のプレースタイルを探るなど、意識を相手に向ければ、自分の卓球に対して「不安になり忘れる」ことができると思います。僕の経験上、相手がよく見えているときは緊張していませんでした。これが「相手を見ているから緊張しなかった」のか「緊張していなかったから相手が見えた」のかは分かりませんが、相手をよく見ることを心掛ければ、自然と緊張も解けていくものだと僕は考えています。

 

次回 2セット目

2セット目は黄鎮廷選手が11-5で取ります。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です