緊張しない方法【卓球戦術教室】吉村真晴 - 黄鎮廷 2セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対香港の2番手、吉村真晴選手と黄鎮廷選手との一戦です。

黄鎮廷 2 11 6 3 吉村
11 5
11 13
9 11
5 11

黄鎮廷選手がパワードライブで圧倒していましたが、吉村選手が見事な大逆転で勝利しました。
ここでは黄鎮廷選手が11-5で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

前半のデータ

0-0から6-5でリードした黄鎮廷選手がタイムアウトを取るまでのデータです。
吉村黄 2前
1セット目では吉村選手のフォアドライブが入っていなかったので、黄鎮廷選手はフォアサイドにボールを集めました。しかし、これによって吉村選手はフォアドライブの打数が増え、徐々に調子を取り戻しました。吉村選手が追い上げてきたところで黄鎮廷選手がタイムアウトです。

後半のデータ

タイムアウト後から11-5で黄鎮廷選手がセットを取るまでのデータです。
吉村黄 2後
黄鎮廷選手のコース比率が変わりました。レシーブでミドルを突くことで主導権を握りました。

 

次回 3セット目

3セット目は吉村選手が13-11で取ります。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です