緊張しない方法【卓球戦術教室】吉村真晴 - 黄鎮廷 3セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対香港の2番手、吉村真晴選手と黄鎮廷選手との一戦です。

黄鎮廷 2 11 6 3 吉村
11 5
11 13
9 11
5 11

黄鎮廷選手がパワードライブで圧倒していましたが、吉村選手が見事な大逆転で勝利しました。
ここでは黄鎮廷選手が13-11で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

黄鎮廷の得失点別のデータ

吉村黄 3黄全
得点時はやはりミドル攻めをしています。ストレートにはほとんど打っていないので、黄鎮廷選手が打ってくるときは、クロスとミドルに張ってストレートは捨ててもいいかもしれません。
失点時は、フォアサイドの比率が上がっています。吉村選手が本来のフォアドライブを取り戻したので、黄鎮廷選手は打ち合いでなかなか勝てなくなっています。

吉村真晴のサーブのデータ

吉村黄 3吉サ
台から出てしまうことが多いようです。これは、サービスエースを狙える選手にはよくあることなんですが、サーブが効かないときに苦しくなります。確実に2バウンドするサーブも持っておくべきでしょう。

教訓 調子を上げさせない

吉村選手は序盤フォアドライブが振れていませんでした。そこで黄鎮廷選手はフォアを攻めて2セットを先取しましたが、吉村選手にフォアドライブを打たせすぎたことで次第に調子を取り戻してきました。
もし、バックサイドにボールを集めていたら、フォアドライブを決めて安心したい相手は、無理矢理回り込んで無理矢理フォアドライブを打ちにくるかもしれません。この焦りを誘えればこっちのものです。もちろん、バックハンドで押されてしまう可能性もあるので、打つべきコースを見極める必要はあります。相手の不調を見抜き、有効活用しましょう。

 

次回 4セット目

4セット目は黄鎮廷選手が11-9で取ります。

→ 4セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です