緊張しない方法【卓球戦術教室】吉村真晴 - 黄鎮廷 4セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対香港の2番手、吉村真晴選手と黄鎮廷選手との一戦です。

黄鎮廷 2 11 6 3 吉村
11 5
11 13
9 11
5 11

黄鎮廷選手がパワードライブで圧倒していましたが、吉村選手が見事な大逆転で勝利しました。
ここでは吉村選手が11-9で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

黄鎮廷の得失点別のデータ

吉村黄 4黄全
これまで効果的だったミドル攻めをしなくなってしまっています。流れが吉村選手に傾き始め、思うように攻められなかったようです。フォア半面の勝負で接戦に持ち込みましたが、一歩及びませんでした。

吉村真晴の得失点別のデータ

吉村黄 4吉全
ドライブで計7得点4失点と、吉村選手本来のドライブを取り戻し、フォアドライブでの真っ向勝負で得点を重ねました。得点時の方がバックサイドへの返球率が高くなっています。ペンホルダーにはやはりウィークポイントのバックサイドを使うべきでしょう。

 

次回 5セット目

5セット目は吉村選手が11-5で取ります。

→ 5セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です