緊張しない方法【卓球戦術教室】吉村真晴 - 黄鎮廷 5セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対香港の2番手、吉村真晴選手と黄鎮廷選手との一戦です。

黄鎮廷 2 11 6 3 吉村
11 5
11 13
9 11
5 11

黄鎮廷選手がパワードライブで圧倒していましたが、吉村選手が見事な大逆転で勝利しました。
ここでは吉村選手が11-5で取った5セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

吉村真晴の得点時のみのデータ

吉村黄 5吉得
黄鎮廷選手は、ドライブで大量失点です。吉村選手のドライブの調子が上がってきたことで「打たれたくない」という思いから焦りが生じたようです。吉村選手のサーブやチキータのバック攻めがよく効いていました。

黄鎮廷の得点時のみのデータ

吉村黄 5黄得
実は吉村選手もドライブがあまり入っていませんでした。7点リードしてからのドライブ4失点で結果的に大勢に影響はありませんでしたが、黄鎮廷選手がそこに気付き、打たせる戦術をとれば、もしかしたら結果は変わっていたかもしれません。

まとめ

黄鎮廷選手は、序盤はフォアドライブで圧倒していましたが、中盤以降は調子を取り戻した吉村選手に押されてしまい、ミドル攻めもだんだんバレて打ち返されるようになってしまいました。ストレート攻撃が使えるようになれば、プレーの幅がより広がりそうです。
吉村選手は、フォア半面での真っ向勝負で上回りましたが、やはり相手はペンホルダーなのでバックサイドの勝負の方が良かったのかなと思います。もしかしたら過去の対戦で、バックサイドで勝負して負けたことがあったのかもしれませんが、この試合のデータ上はバックサイドが有効でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です