【卓球戦術教室】平野美宇 - 鄭怡静 1セット目 女子ワールドカップ2016シングルス決勝

女子ワールドカップ2016シングルス決勝、平野美宇選手と鄭怡静選手との一戦です。

鄭怡静 0 9 11 4 平野
5 11
4 11
8 11

平野選手が圧倒的な実力を見せてストレート勝ち、中国人以外では初の女子ワールドカップ優勝を飾りました。
ここでは、平野選手が11-9で取った1セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

平野美宇のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%801%e5%b9%b3%ef%be%8a
バック対バックの打ち合いは基本的に得点になっています。一方でフォアハンドの攻撃は鄭怡静選手が上回っています。両ハンドタイプの平野選手としては、相手のバックサイドを徹底的に突き、回り込んできたら、空いたフォアサイドを突くという戦術がセオリーとなります。

チキータで3失点しています。今やチキータされる側の技術も上がっています。バックスイングをしっかりとるチキータは相手にバレるタイミングも早く、むしろ狙われることも少なくありません。チキータはコースや回転などのバリエーションを持たせる必要があります。

鄭怡静のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%801%e9%84%ad%ef%be%8a
フォアハンドの強打は得点になっています。両ハンドタイプの相手はフォアミドルに対して打点が遅れがちになります。レシーブやバックハンドでフォアミドルを突いて、つないできたところを狙うというパターンになります。これ自体は割と良かったんですが、ちょっとレシーブが壊滅的でした。

サーブのデータ

全てフォアサーブです。
%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%801%ef%bd%bb
サーブでの得点が非常に多いセットとなりました。
鄭怡静選手は、バックのサイドを切るチキータ封じサーブを効果的に使うなどで3得点です。平野選手がレシーブで狙いすぎている面もあるので、2セット目以降は調整してくるでしょう。
平野選手は巻き込みサーブで5得点です。鄭怡静選手は回転が全く分かっておらず、首をかしげていました。回転が全く分からないのはもう仕方ないので、このサーブを出させない努力をすべきでしょう。ミスを覚悟で強気なレシーブを1,2本してみて、ミスをしても表情は自信があるように装います。これで相手が「あれ、このサーブ嫌がってないな」と思ってサーブを変えてくれればラッキーといった感じです。まあ、平野選手は普段から巻き込みサーブがほとんどなので望みは薄いですが、やってみる価値はあるでしょう。

 

次回 2セット目

2セット目は平野選手が11-5で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です