【卓球戦術教室】平野美宇 - 鄭怡静 2セット目 女子ワールドカップ2016シングルス決勝

女子ワールドカップ2016シングルス決勝、平野美宇選手と鄭怡静選手との一戦です。

鄭怡静 0 9 11 4 平野
5 11
4 11
8 11

平野選手が圧倒的な実力を見せてストレート勝ち、中国人以外では初の女子ワールドカップ優勝を飾りました。
ここでは、平野選手が11-5で取った2セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

平野美宇のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%802%e5%b9%b3%ef%be%8a
バック半面を徹底的に突いています。そして相手が回り込んだらフォアサイドに送って得点しています。

鄭怡静のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%802%e9%84%ad%ef%be%8a
得意のフォアハンドで全く得点できていません。平野選手のバック攻めに対してなかなか攻めることができませんでした。バックハンドをフォアサイドやフォアミドルに送って、フォアハンドの対決に持ち込むべきでしょう。

サーブのデータ

全てフォアサーブです。
%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%802%ef%bd%bb
平野選手のサーブが効き続けています。特にロングサーブはかなり手元で伸びているようで、鄭怡静選手はまともにラケットに当てられていません。

 

次回 3セット目

3セット目は平野選手が11-4で取ります。

→ 3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です