【卓球戦術教室】平野美宇 - 鄭怡静 3セット目 女子ワールドカップ2016シングルス決勝

女子ワールドカップ2016シングルス決勝、平野美宇選手と鄭怡静選手との一戦です。

鄭怡静 0 9 11 4 平野
5 11
4 11
8 11

平野選手が圧倒的な実力を見せてストレート勝ち、中国人以外では初の女子ワールドカップ優勝を飾りました。
ここでは、平野選手が11-4で取った3セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

平野美宇のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%803%e5%b9%b3%ef%be%8a
両ハンドともバックサイドに集めています。相手が嫌がっている戦術なので、これを変える必要はありません。

鄭怡静のハンド別のデータ

%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%803%e9%84%ad%ef%be%8a
平野選手のピッチの速いバック攻めについていけず、フォアハンドがほとんど打てていません。バックハンドも強い球はほとんど打てず、相手のミドルに食い込ませることができませんでした。

サーブのデータ

全てフォアサーブです。
%e5%b9%b3%e9%87%8e%e7%be%8e%e5%ae%87%e9%84%ad%e6%80%a1%e9%9d%99%e3%80%803%ef%bd%bb
平野選手のサーブが効き続けていて、全て得点に結びついています。鄭怡静選手のサーブ時は五分五分なので、サーブでこれだけの点差を生み出していることになります。サーブの重要さがよくわかります。

 

次回 4セット目

4セット目は平野選手が11-8で取ります。

→ 4セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です