【卓球戦術教室】張本智和 - 三部航平 1セット目 ジャパンオープン2016アンダー21シングルス決勝

ジャパンオープン2016アンダー21シングルス決勝、張本智和選手と三部航平選手との一戦です。

張本 3 11 1 0 三部
11 6
13 11

張本選手が中学一年生とは思えない強さをを見せてストレート勝ち、ワールドツアー最年少優勝を飾りました。
ここでは、張本選手が11-1で取った1セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

張本智和のハンド別のデータ

%e5%bc%b5%e6%9c%ac%e6%99%ba%e5%92%8c%e4%b8%89%e9%83%a8%e8%88%aa%e5%b9%b3%e3%80%801%e5%bc%b5%ef%be%8a
張本選手は、バックハンドが得意な選手です。フォアドライブは全身の力を使うので、体の出来上がっていない中学生はなかなか強いボールは打てないんですが、バックドライブは力ではなく腕のひねりで打つので、パワーが無くても強いボールを打つことができます。張本選手も、将来的にはフォアハンドが強くなってくるでしょうが、現状はバックハンドを軸に戦っています。このセットもバックサイドにボールを集め、バックハンドでの勝負に持ち込んでいます。

三部航平のハンド別のデータ

%e5%bc%b5%e6%9c%ac%e6%99%ba%e5%92%8c%e4%b8%89%e9%83%a8%e8%88%aa%e5%b9%b3%e3%80%801%e4%b8%89%ef%be%8a
スピードドライブ3打は全てミスしています。必要以上のスピードボールは自滅につながります。フォアハンドでの勝負は張本選手に負けないはずなので、ドライブが入らないときはしっかりとラリーを展開すべきでしょう。

次回 2セット目

2セット目は張本選手が11-6で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です