【卓球戦術教室】張本智和 - 三部航平 2セット目 ジャパンオープン2016アンダー21シングルス決勝

ジャパンオープン2016アンダー21シングルス決勝、張本智和選手と三部航平選手との一戦です。

張本 3 11 1 0 三部
11 6
13 11

張本選手が中学一年生とは思えない強さをを見せてストレート勝ち、ワールドツアー最年少優勝を飾りました。
ここでは、張本選手が11-6で取った2セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

三部航平の得点時のみのデータ

%e5%bc%b5%e6%9c%ac%e6%99%ba%e5%92%8c%e4%b8%89%e9%83%a8%e8%88%aa%e5%b9%b3%e3%80%802%e4%b8%89%e5%be%97
フォアサイドでへの返球率がともに6割を超えています。張本選手のドライブは計4失点、三部選手はドライブで計4得点と、フォアハンドでの打ち合いは三部選手に分があるようです。三部選手は、バックハンドもフォアサイドに振って、そこからフォアハンドの対決に持ち込むべきでしょう。

張本智和の得点時のみのデータ

%e5%bc%b5%e6%9c%ac%e6%99%ba%e5%92%8c%e4%b8%89%e9%83%a8%e8%88%aa%e5%b9%b3%e3%80%802%e5%bc%b5%e5%be%97
こちらはバックサイドへの返球率がともに5割です。バックハンドでは張本選手が上回っています。張本選手のバックドライブのストレート攻撃もよく効いましたが、三部選手はこれを狙うという方法もあります。

 

次回 3セット目

3セット目は張本選手が13-11で取ります。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です