打倒中国のヒント【卓球戦術教室】李暁霞 - 石川佳純 1セット目 世界卓球2016決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会決勝、中国対日本の2番手、李暁霞選手と石川佳純選手との一戦です。

李暁霞 3 6 11 2 石川
7 11
11 9
11 3
11 5

前半は石川選手が押していましたが、最終的には李暁霞選手が大逆転で勝利します。
ここでは石川選手が11-6で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
李暁霞石川 1全
石川選手はストップを多用しています。李暁霞選手を前に寄せて、そこからバックサイドとミドルと振り分けて強打をさせないという戦術がはまりました。李暁霞選手はバックサイドへのツッツキから先手を取る戦術を試みましたが、石川選手はそれを待ち受けてバックドライブで上手く対処しました。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
李暁霞石川 1石サ
台から微妙に出るサーブ(ミドルサーブ)を多く使っています。これによって李暁霞選手にツッツキをさせず、こちらの戦術に持ち込むことに成功しました。

 

次回 2セット目

2セット目は石川選手が11-7で取ります。どのように連取したのでしょうか。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です