打倒中国のヒント【卓球戦術教室】李暁霞 - 石川佳純 2セット目 世界卓球2016決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会決勝、中国対日本の2番手、李暁霞選手と石川佳純選手との一戦です。

李暁霞 3 6 11 2 石川
7 11
11 9
11 3
11 5

前半は石川選手が押していましたが、最終的には李暁霞選手が大逆転で勝利します。
ここでは石川選手が11-7で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
李暁霞石川 2全
このセットも石川選手がストップからの展開で優位に立ちました。ドライブの緩急とコースの使い分けに李暁霞選手はついていけませんでした。一方、李暁霞選手はツッツキの打数を増やしましたが、思い通りの卓球ができませんでした。

ピンポイントデータ

李暁霞選手のバックへのツッツキに対する石川選手のリターンです。
李暁霞石川 2ピ
李暁霞選手はバックサイドへのツッツキで先手を取ろうとしていました。相手が持ち上げてきたところを強打、または回り込んできたところを空いたフォアに攻めるという戦術です。しかし、石川選手はこれを待ち受けて、打点の早いバックドライブで対処しました。李暁霞選手はこれに対してタイミングを合わせることができませんでした。
1セット目は石川選手がツッツキをさせなかったんですが、2セット目は、李暁霞選手がタイミングが合ってないことに気づいたため、わざとツッツキをさせています。

 

次回 3セット目

3セット目は李暁霞選手が11-9で取ります。どのような戦術の変化があったのでしょうか。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です