打倒中国のヒント【卓球戦術教室】李暁霞 - 石川佳純 3セット目 世界卓球2016決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会決勝、中国対日本の2番手、李暁霞選手と石川佳純選手との一戦です。

李暁霞 3 6 11 2 石川
7 11
11 9
11 3
11 5

前半は石川選手が押していましたが、最終的には李暁霞選手が大逆転で勝利します。
ここでは李選手が11-9で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
李暁霞石川 3全
石川選手のストップが激減しています。おそらくですが、李暁霞選手がサーブを変えたように見えます。横系なのか横上系なのか、ストップがしづらいサーブを出しているように見えました。これによって、ツッツキやフリックがバックサイドに集まったところを李暁霞選手は待ち受けていました。このセットの後半には、李暁霞選手本来のドライブを完全に取り戻していました。

李暁霞のハンド別のデータ

李暁霞石川 3李
李暁霞選手のバックドライブが炸裂しはじめました。横回転の強いサーブを使ったため石川選手はフォアサイドには返球しづらく、バックサイドに集まったところを狙い打ちました。

 

次回 4セット目

4セット目は李暁霞選手が11-3で取ります。流れが完全に変わっていきます。

→ 4セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です