打倒中国のヒント【卓球戦術教室】李暁霞 - 石川佳純 4セット目 世界卓球2016決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会決勝、中国対日本の2番手、李暁霞選手と石川佳純選手との一戦です。

李暁霞 3 6 11 2 石川
7 11
11 9
11 3
11 5

前半は石川選手が押していましたが、最終的には李暁霞選手が大逆転で勝利します。
ここでは李暁霞選手が11-3で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
李暁霞石川 4全
石川選手は一度もストップをしていません。3セット目に続き、李暁霞選手のサーブによるものでしょう。石川選手はドライブでの緩急やコースの使い分けはしていますが、李暁霞選手はフォア前に寄せられていない分、体勢は十分でした。

教訓 点差がついたとき

このセットは、序盤で点差がついてしまいました。こういったことはよくあると思います。しかし、実際に点差をつけられたとき、「どうせ負ける」と諦めて、何も考えずにプレーする人が多いと思います。ですが、「どうせ負ける」状況だからこそ、次のセットに生かすためにいろいろ試すべきだと思います。
例えばこの試合の場合、石川選手はストップをできずにいます。そういうときこそ、この状況を利用してストップを試してみるべきだと思います。どういうラケットの角度が合うのか、回り込んでバックハンドでストップをしてみたらどうか、こういった確認作業をしておけば、5セット目の展開が変わっていたかもしれません。

 

次回 5セット目

5セット目は李暁霞選手が11-5で取ります。最後も李暁霞選手が圧倒しました。

→ 5セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です