【卓球戦術教室】梁夏銀 - 朱雨玲 3セット目 中国オープン2016シングルス準々決勝

中国オープン2016シングルス準々決勝、梁夏銀選手と朱雨玲選手との一戦です。

梁夏銀 4 3 11 3 朱雨玲
11 9
3 11
11 8
5 11
11 8
11 8

一進一退の攻防の末、過去4戦全敗の梁夏銀選手が初勝利しました。
ここでは、朱雨玲選手が11-3で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

梁夏銀のハンド別のデータ

%e6%a2%81%e5%a4%8f%e9%8a%80%e6%9c%b1%e9%9b%a8%e7%8e%b2%e3%80%803%e6%a2%81%ef%be%8a
コース比率がバックサイドに偏っています。前のセットで「バック対バックの展開が良かった」という残像があり、バックサイドにボールを集め過ぎて、相手に読まれてしまいました。バックサイドの半面を広く使う必要があります。

朱雨玲のハンド別のデータ

%e6%a2%81%e5%a4%8f%e9%8a%80%e6%9c%b1%e9%9b%a8%e7%8e%b2%e3%80%803%e6%9c%b1%ef%be%8a
朱雨玲選手の本来の武器はフォアハンドなんですが、このセットはバックハンドで8得点しています。梁夏銀選手のコース取りが単調で、それを待ち構えてドライブを振り抜いていました。しっかりスイングしたドライブはやはり威力があります。振り抜いたドライブは強く、やはり弱点はミドルなのかもしれません。

 

次回 4セット目

4セット目は梁夏銀選手が11-8で取ります。

→ 4セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です