強打の封じ方【卓球戦術教室】石川佳純 - ソルヤ 1セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの2番手、石川佳純選手とソルヤ選手との一戦です。

ソルヤ 1 7 11 3 石川
9 11
11 9
7 11

石川選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは石川選手が11-7で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
石川ソルヤ 1全
石川選手は、前日の試合の反省からしっかりと戦術を立てていました。まず、徹底的にストップを使って相手を前に寄せています。そしてフォアサイドを使うようになっています。前日はバックサイドへの返球率が高く、バック対バックのラリーでソルヤ選手が上回っていたので、今回はフォアサイドでの勝負に持ち込みました。パワーのある選手に対して、フォアサイドに送るのは勇気が要りますが、有効な手段ということで腹をくくったようです。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
石川ソルヤ 1石サ
前日に最も効いていたフォア前を徹底しています。ソルヤ選手は、フォア前に来ると分かっていてもその後のラリーで遅れをとってしまうので、石川選手はロングサーブを混ぜるなどの余計なことはせず、ひたすらフォア前に出し続けました。

 

次回 2セット目

2セット目は石川選手が11-9で取ります。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です