強打の封じ方【卓球戦術教室】石川佳純 - ソルヤ 2セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの2番手、石川佳純選手とソルヤ選手との一戦です。

ソルヤ 1 7 11 3 石川
9 11
11 9
7 11

石川選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは石川選手が11-9で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
石川ソルヤ 2全
ソルヤ選手がかなり対応してきています。ラリーではフォアサイドにしっかりと目をつけていたので、石川選手のノーマルドライブが4失点となりました。ストップに対してはダブルストップで対応し得点になる場面もありましたが、それでも苦しそうな卓球は続きました。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
石川ソルヤ 2石サ
ほとんどがフォア前の巻き込みサーブでした。ソルヤ選手はバックサイドへのツッツキかチキータしかなく、かなり苦しんでいるようでした。石川選手が先手を取れる最も有効なサーブです。

 

次回 3セット目

3セット目はソルヤ選手が11-9で取ります。

→ 3セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です