強打の封じ方【卓球戦術教室】石川佳純 - ソルヤ 3セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの2番手、石川佳純選手とソルヤ選手との一戦です。

ソルヤ 1 7 11 3 石川
9 11
11 9
7 11

石川選手が前日のリベンジを果たしました。
ここではソルヤ選手が11-9で取った3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
石川ソルヤ 3全
石川選手は、最初の2ラリーでストップを3回行って以降、全く使わなくなってしまいました。これは、ソルヤ選手があからさまにアップ系のサーブをバック前に出すようになったためで、石川選手はチキータでレシーブするようになりました。こうなると、前日のようにバック対バックのラリーとなり、ソルヤ選手の得点が積み重なるようになりました。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
石川ソルヤ 3石サ
サーブから思うように得点することができませんでした。ソルヤ選手が時折フォアサイドにレシーブをし、これが得点になっていました。ただ、フォア前サーブ自体をソルヤ選手が嫌がっていることに変わりはないので、石川選手はサーブを変えるのではなく、フォアサイドへのレシーブにしっかり対応することが求められます。

 

次回 4セット目

4セット目は石川選手が11-7で取ります。

→ 4セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です