強打の封じ方【卓球戦術教室】石川佳純 - ソルヤ 4セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの2番手、石川佳純選手とソルヤ選手との一戦です。

ソルヤ 1 7 11 3 石川
9 11
11 9
7 11

石川選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは石川選手が11-7で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
石川ソルヤ 4全
石川選手のストップが増えました。前半は3セット目の流れを引きずっていましたが、後半はソルヤ選手の横上回転のサーブに対して強引にストップで返球していました。少し甘くなることもなりましたが、それでもソルヤ選手は対応に苦労していました。ソルヤ選手は、よりストップをしづらいバックサイドに横上回転のサーブを出すべきだったと思います。

石川佳純のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
石川ソルヤ 4石サ
3セット目に少し対応されましたが、それでもフォア前の巻き込みサーブを貫きました。投げ上げなど、今までと別のフォームからも巻き込みサーブを出していたのが効いたようです。

まとめ

前日の試合ではまともにラリーをして負けたので、この試合はサーブレシーブで徹底的に相手の弱点を突き、リベンジに成功しました。
次に対戦するときは、今度はソルヤ選手が戦術を練ってきます。サーブはバックサイドへの横上回転やあるいはロングサーブを多用したり、レシーブはフォアサイドにツッツキやフリックを多用するなど、長い技術で徹底されたとき、石川選手はどう対応するのでしょうか。
石川選手より若いソルヤ選手は、今後も難敵であり続けるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です