調子の取り戻し方【卓球戦術教室】石川佳純 - バチェノフスカ 1セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、日本対チェコの2番手、石川佳純選手とバチェノフスカ選手との一戦です。

バチェノフスカ 2 11 9 3 石川
6 11
11 8
8 11
8 11

石川選手は、大会初戦ということもありなかなか本来のプレーはできていませんでしたが、それでも負けない強さを見せました。
ここではバチェノフスカ選手が11-9で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
石川バチ 1全
石川選手は、ドライブとスマッシュで計9失点です。大会の初戦ということで、強打を1本決めて安心したいという気持ちから無理が出たような感じでした。バチェノフスカ選手もドライブは得点になっていないんですが、ラリーの意識が石川選手より強かったのが結果に繋がりました。

石川佳純のハンド別のデータ

石川バチ 1石ハ
フォアハンドのミスが目立ちます。バックドライブに比べてフォアドライブはスイングが大きいので、不安な時にミスが出やすくなります。この時の石川選手も、バックドライブはコンパクトなスイングでしっかり捉えていたんですが、フォアドライブは打点が体に近く、少し窮屈になっていたように見えました。

教訓 ドライブが入らないとき

試合序盤や終盤の大事な場面で、ドライブなどのミスが出やすくなってしまうことはよくあると思います。これは「点が欲しい」という気持ちが強く、決めにいこうと力が入りすぎることが原因だと思います。決めにいけるような甘い球を打っているならいいんですが、そうでない球をギャンブルで打っているとどうしても失点が重なります。なのでこういう時は「点が欲しい」という気持ちは抑えて「ブロックされてもいいや」というスタンスでいるといいでしよう。そうすれば力むこともなく、また「次を考える」ようになるので、返球されても対応できるようになります。
ドライブのみならず、ロングサーブやフリックなど全ての技術において「点を取りに行く」のではなく、ラリーをすることを意識して「点を与えない」ようにしましょう。セットオール5-10などで負けてる時に「絶対ミスしないぞ!」っていうスタンスになった経験はないでしょうか。要はあのスタンスを常に心得ましょう。

 

次回 2セット目

2セット目は石川選手が11-6で取ります。

→ 2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です