調子の取り戻し方【卓球戦術教室】石川佳純 - バチェノフスカ 2セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、日本対チェコの2番手、石川佳純選手とバチェノフスカ選手との一戦です。

バチェノフスカ 2 11 9 3 石川
6 11
11 8
8 11
8 11

石川選手は、大会初戦ということもありなかなか本来のプレーはできていませんでしたが、それでも負けない強さを見せました。
ここでは石川選手が11-6で取った2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

前半のデータ

0-0からバチェノフスカ選手が5-4でリードするまでのデータです。
石川バチ 2前
石川選手は1セット目に続きフォアドライブのミスが目立ちました。サーブでの3得点と相手のサーブミスがあったので点差はさほど開きませんでした。バチェノフスカ選手としては、レシーブは厳しくなくても良かっただけに、非常にもったいない4失点でした。

後半のデータ

4-5から石川選手が11-6でセットを取るまでのデータです。
石川バチ 2後
4-4のときにラリーが続きました。このラリーで石川選手は失点しましたが、ここから落ち着いたプレーができるようになりました。緩いドライブと強いドライブを同じ高い打点で打ち分けているので、バックサイドに集まってもミスをさせることができました。

 

次回 3セット目

3セット目はバチェノフスカ選手が11-8で取ります。

→ 3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です