調子の取り戻し方【卓球戦術教室】石川佳純 - バチェノフスカ 4セット目 世界卓球2016

世界卓球2016クアラルンプール大会予選リーグ、日本対チェコの2番手、石川佳純選手とバチェノフスカ選手との一戦です。

バチェノフスカ 2 11 9 3 石川
6 11
11 8
8 11
8 11

石川選手は、大会初戦ということもありなかなか本来のプレーはできていませんでしたが、それでも負けない強さを見せました。
ここでは石川選手が11-8で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

前半のデータ

0-0からバチェノフスカ選手が5-4でリードするまでのデータです。
石川バチ 4前
石川選手としては、3セット目に引き続き嫌な流れでした。バチェノフスカ選手はミドル攻めで相手を詰まらせて両サイドに決めるという戦い方でリードしました。石川選手もラリーで食らいついていたんですが、少し苦しんでいました。

後半のデータ

4-5から石川選手が10-5でリードするまでのデータです。
石川バチ 4後
5-5でバチェノフスカ選手が、石川選手が構える前にサーブを出し、タイムとなりました。これをきっかけにバチェノフスカ選手がイライラし始め、一気に連続失点してしまいました。これを見た石川選手はわざわざ自分から攻めず、ストップやループドライブなど相手が打ちづらいボールを送ってミスを誘いました。
バチェノフスカ選手は、タイムをかけられたという些細なことでイライラし始めたので、演技かなと思ったんですが、そこからプレーが明らかに荒くなったんで、本当にイライラしていたんでしょう。平常心は大事です。

 

次回 5セット目

5セット目は石川選手が11-8で取ります。

→ 5セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です