【卓球戦術教室】福原愛 - シルバーアイゼン 1セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの3番手、福原愛選手とシルバーアイゼン選手との一戦です。

シルバーアイゼン 1 6 11 3 福原
5 11
11 6
8 11

福原選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは、福原選手が11-6で先取した1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
福原シルバー1全
福原選手のレシーブが変わりました。ストップを増やし、コースもフォアに送るようになっています。福原選手の短いサーブやストップを、シルバーアイゼン選手はツッツキでバックに返します。福原選手はこれを待ち受けて、バックハンドで強打(これはショートにカウントされています。)しています。前日の反省を踏まえたこの福原選手の戦術が見事にはまったようです。

福原愛のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
福原シルバー1 福サ
徹底してフォア前にサーブを出しています。実は前日の試合も同じところにサーブを出しています。そしてシルバーアイゼン選手はバックサイドにツッツキ、福原選手が持ち上げたところを打ち抜くというパターンでした。この日の福原選手は、敢えて同じツッツキをさせ、それを待ち構えてバックハンドで強打していきました。

教訓 ロングサーブを使うか否か

よく、ショートサーブを出し続ける中でロングサーブを混ぜるという戦術があります。しかし、この試合での福原選手はロングサーブをほとんど使っていません。ではロングサーブはいつ使うのか、説明します。例えば、対戦相手がバックハンドが上手い選手の時、フォア前のサーブが有効です。相手をフォア前に寄せればバックサイドが遠くなるからです。しかし、フォア前に出し続ければ、当然相手はフォア前に意識が寄ります。そしてフォア前サーブに対し、バックハンドでフリックやチキータなど厄介なレシーブをしてきます。この厄介なレシーブを封じるためにバックサイドへロングサーブを出して、相手の意識を散らせるのです。しかしこの試合の場合は、シルバーアイゼン選手はツッツキしかしません。そして福原選手はこのツッツキを狙っていました。なので、福原選手はロングサーブを使う必要がありませんでした。必要がないのにロングサーブを出すと打ち抜かれてしまいます。相手の意識がどこにあるのかを見極めることが重要です。

 

次回 2セット目

2セット目も福原選手が11-5で圧倒します。どのように2セット目を奪ったのでしょうか。

2セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です