【卓球戦術教室】福原愛 - シルバーアイゼン 2セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの3番手、福原愛選手とシルバーアイゼン選手との一戦です。

シルバーアイゼン 1 6 11 3 福原
5 11
11 6
8 11

福原選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは、福原選手が11-5で連取した2セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
福原シルバー2全
1セット目と同じような結果です。福原選手の短いサーブやストップを、シルバーアイゼン選手はツッツキでバックに返し、福原選手がバックハンドで強打(これはショートにカウントされています。)という展開です。

福原愛のサーブのデータ

全てフォアサーブです
福原シルバー2 福サ
これも1セット目と全く同じで、徹底してフォア前にサーブを出しています。シルバーアイゼン選手も同じくツッツキがほとんどでした。シルバーアイゼン選手は戦術の転換が必要でした。

 

次回 3セット目

3セット目はシルバーアイゼン選手が11-6で取り返します。戦術の変換はあったのでしょうか。

3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です