【卓球戦術教室】福原愛 - シルバーアイゼン 3セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの3番手、福原愛選手とシルバーアイゼン選手との一戦です。

シルバーアイゼン 1 6 11 3 福原
5 11
11 6
8 11

福原選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは、シルバーアイゼン選手が11-6で取り返した3セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
福原シルバー3全
福原選手のレシーブが、フリック中心になってしまいました。「早く勝ちたい」という気持ちが働いたのかもしれません。こうなると、シルバーアイゼン選手が優勢のラリーになってしまいます。福原選手のブロックの打数が増えているのはこのためでしょう。

シルバーアイゼンのサーブのデータ

福原シルバー3 シサ
シルバーアイゼン選手のサーブは、1,2セット目と変わっていません。しかし、1,2セット目のシルバーアイゼン選手のサーブ時は半分以上福原選手が得点していたのが、このセットはほとんどシルバーアイゼン選手が得点しています。福原選手がフリックレシーブに切り替えたのが原因ですが、もしかしたら「福原選手がフリックしたくなるように、サーブをわざと甘めに出した」のかもしれません。

ピンポイントデータ

シルバーアイゼン選手のバックへのツッツキに対する福原選手のリターンです。
福原シルバー3P
1,2セット目に比べて、バックショートが減っています。勝ちを意識して入れに行き過ぎたのかもしれません。

 

次回 4セット目

4セット目は福原選手が11-8とし、勝利を決定します。戦術を戻すことはできたのでしょうか。

4セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です