【卓球戦術教室】福原愛 - シルバーアイゼン 4セット目 世界卓球2016準々決勝

世界卓球2016クアラルンプール大会準々決勝、日本対ドイツの3番手、福原愛選手とシルバーアイゼン選手との一戦です。

シルバーアイゼン 1 6 11 3 福原
5 11
11 6
8 11

福原選手が前日のリベンジを果たしました。
ここでは、福原選手が11-8で勝利を決めた4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
福原シルバー4全
福原選手は、バックハンドで押すようになりました。フリックはほとんどせず、自分の戦術を取り戻しました。シルバーアイゼン選手はドライブで対応しつつありましたが、福原選手はブロックでしのぎきりました。

シルバーアイゼンのサーブのデータ

福原シルバー4 シサ
シルバーアイゼン選手は、サーブ時は得点できています。フォア前を混ぜることで、福原選手の意識を散らせています。

ピンポイントデータ

シルバーアイゼン選手のバックへのツッツキに対する福原選手のリターンです。
福原シルバー4P
1,2セット目と同様、バックハンドで押しています。これは、最後までシルバーアイゼン選手が嫌がった戦術でした。シルバーアイゼン選手としては、福原選手のドライブには合っていたので、ツッツキをフォアに送っても良かったのかもしれません。

まとめ

福原選手は、サーブレシーブをフォア前に集めました。そしてシルバーアイゼン選手のバックへのツッツキをバックハンドで押していくという戦術です。3セット目は勝ちが目前にせまって焦りが見えましたが、他のセットでは戦術が見事にはまりました。シルバーアイゼン選手は、フォアサイドを使うなどの戦術の切り替えが必要でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です