【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 1セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、馬龍選手が11-5で取った1セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%801%e9%a6%ac%ef%be%8a
馬龍選手は、世界一と言われるフォアドライブで打ち勝つプレースタイルです。このセットもフォアドライブの打数が圧倒的多数を占めていて、水谷選手と引き合う場面が多く見られましたが、そのほとんどで馬龍選手が得点していました。

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%801%e6%b0%b4%ef%be%8a
ラリーになることが多く、馬龍選手に対して引き下がることなくフォアハンドで打ち合ってはいましたが、得点にはなかなか結びつきませんでした。大島祐哉選手と馬龍選手の対戦で、大島選手がバック対バックの展開に持ち込んでセットオールまで追い詰めたので、やはり馬龍選手にはバックサイドを突くべきでしょう。

 

次回 2セット目

2セット目は馬龍選手が11-5で取ります。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です