【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 2セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、馬龍選手が11-5で取った2セット目を分析します。

スポンサードリンク




 

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%802%e9%a6%ac%ef%be%8a
やはりフォアドライブで打ち勝っています。水谷選手のフォアドライブ対馬龍選手の回り込みフォアドライブの引き合いからストレート攻撃でバックサイドに詰めるというパターンでした。ラリー戦が続くうちは馬龍選手に分がありそうです。

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%802%e6%b0%b4%ef%be%8a
引き合いでは失点することの方が多かったんですが、フォアスピードドライブのストレート攻撃は得点になっています。馬龍選手に対して中陣で打ち合ってもなかなか得点が取れなおので、台から離れずにバック対バックやフォアハンドのストレート攻撃を使っていくのが有効でしょう。

 

次回 3セット目

3セット目は馬龍選手が11-5で取ります。

→ 3セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です