【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 3セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、馬龍選手が11-5で取った3セット目を分析します。

 

スポンサードリンク




 

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%803%e9%a6%ac%ef%be%8a
やはり強力なドライブで圧倒しています。両ハンドともにクロスへの返球率が高く、どちらもドライブで得点を重ねました。

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%803%e6%b0%b4%ef%be%8a
バックハンドの打数がフォアハンドを上回っています。これまでの中陣でのラリーではなく、前陣で両ハンドを振っていくという戦術に切り替えたためです。ドライブはほとんどクロスに打っているため、馬龍選手に読まれているような感じでした。やはりストレート攻撃を使うべきでしょう。

 

次回 4セット目

4セット目は水谷選手が11-7で取ります。

→ 4セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です