【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 4セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、水谷選手が11-7で取った4セット目を分析します。

 

スポンサードリンク




 

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%804%e6%b0%b4%ef%be%8a
両ハンドともにストレートへの返球が増えています。バック対バックから、相手がフォアサイドに振ってきたところをフォアドライブで広角に打ち分けていき、得点を重ねることができました。やはり馬龍選手と戦うときは、バック対バックから展開していくのが効果的でしょう。

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%804%e9%a6%ac%ef%be%8a
バックハンドの打数が増えています。水谷選手のコース取りが変わったので、読んでフォアドライブで打ち返すということができませんでした。馬龍選手は、やはりバックサイドに突破口がありそうです。

水谷隼のサーブのデータ

全てフォアサーブです。
%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%804%e6%b0%b4%ef%bd%bb
これまではフォア前が多かったんですが、このセットはバック前に集中しています。フォア前にサーブを出してバックサイドを開けさせるのがセオリーですが、敢えてバック前を選択しています。バック前から来るチキータやストップなどの方が、水谷選手は打ちやすかったのかもしれません。

 

次回 5セット目

5セット目は水谷選手が12-10で取ります。

→ 5セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です