【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 5セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、水谷選手が12-10で取った5セット目を分析します。

 

スポンサードリンク




 

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%805%e6%b0%b4%ef%be%8a
徹底的にバックサイドを攻めています。バック対バックというよりは回り込んでフォアドライブを打っていました。このセットの前半はうまく攻めることができずリードを許しましたが、フォア前にストップをするとバックサイドにツッツキが来ることに気づき、回り込んで攻めることができ、逆転に成功しました。

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%805%e9%a6%ac%ef%be%8a
水谷選手に打ち込まれる展開が多く、ブロックの打数が増えています。フォアツッツキはバックサイドへ、バックストップはフォアサイドへ、などレシーブが単調になってしまったため、特に後半は水谷選手に読まれて不利な展開となりました。

 

次回 6セット目

6セット目は馬龍選手が11-5で取ります。

→ 6セット目

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です