【卓球戦術教室】馬龍 - 水谷隼 6セット目 リオ五輪2016シングルス準決勝

リオ五輪2016シングルス準決勝、馬龍選手と水谷隼選手との一戦です。

馬龍 4 11 5 2 水谷
11 5
11 5
7 11
10 12
11 5

水谷選手が中盤に粘りを見せましたが、最後は馬龍選手が勝利しました。
ここでは、馬龍選手が11-5で取った6セット目を分析します。

 

スポンサードリンク




 

水谷隼のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%806%e6%b0%b4%ef%be%8a
4,5セット目から一転、フォアサイドに多く打ってしまっています。4,5セット目はバック攻めを徹底していましたが、最後の決め球は空いているフォアサイドに打つことが多く、それが印象に残っていたのかもしれません。「神ラリー」など激しい打ち合いを演じましたが、こういった大きいラリーではやはり馬龍選手には敵いません。

馬龍のハンド別のデータ

%e9%a6%ac%e9%be%8d%e6%b0%b4%e8%b0%b7%e3%80%806%e9%a6%ac%ef%be%8a
フォアハンドの打数が増えています。水谷選手がフォアサイドに打ってくれたので、フォアドライブの打ち合いに持ち込むことができました。馬龍選手には特に戦術は無さそうなので、水谷選手は同じことをやれば良かったんですが、馬龍選手の威圧感がこうさせたのかもしれません。

まとめ

馬龍選手は、フォア前に対してクロスにツッツキをすることが多い(対右の場合は話が変わってきます)ようです。これを待って、回り込んでフォアドライブをバックサイドに打ち込む、またはループのバックドライブをバックサイドに打って、バック対バックに持ち込むのが良いでしょう。すると馬龍選手はすぐにフォアサイドに振ってくるので、それを広角に打ち分けることで攻略できるでしょう。

今回の試合は、いきなり0-3になってしまったので一歩及びませんでしたが、最初から有効な戦術が使えれば、決して勝てない相手ではないということが分かる結果となりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です