ペン粒の戦い方【卓球戦術教室】倪夏蓮 - 福原愛 4セット目 クロアチアオープン2015

クロアチアオープン2015女子シングルス2回戦、倪夏蓮選手と福原愛選手との一戦です。

倪夏蓮 4 5 11 3 福原
13 11
11 6
11 8
5 11
9 11
11 7

当時51歳の大ベテラン、世界ランキング69位、ペン粒の倪夏蓮選手が世界ランキング8位の福原選手から大金星を挙げました。
ここでは倪夏蓮選手が11-8で取った4セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

福原愛のハンド別のデータ

倪福原 4福全
まずフォアハンドは、ループドライブが増えるなど丁寧なプレーになり失点が減少しました。しかし、コースがバックサイドに集中しているので、倪夏蓮選手は回り込みやすく、攻撃でバックサイドを詰めたところを福原選手が守り切れなかったというパターンになりました。福原選手はコースを散らす必要がありそうです。

全体データ

サーブ以外全ての技術のデータです。
倪福原 4全
倪夏蓮選手はブロックよりノーマルドライブが多く、福原選手は防戦一方でした。倪夏蓮選手はたまに反転して裏ソフトラバーでのプレーも見せました。急にボールが伸びてくるので、リズムを崩す有効なプレーです。

教訓 ペン粒も裏ラバーを使う

倪夏蓮選手は、反転して裏ソフトラバーでのプレーも時折行います。これはかなりの緩急で、福原選手は完全にタイミングが遅れていました。ペン粒の選手は大体裏面に裏ラバーを貼っているでしょうから、サーブだけでなくラリー中でも使うと良いでしょう。
倪夏蓮選手は反転していますが、ラリー中にクルクル反転するのも難しいので、裏面打法を覚える方が手っ取り早いでしょう。ブロックを裏と粒の両方でやるだけでも緩急がつきますし、バックドライブができれば更にプレーの幅が広がります。粒のバックハンドでは攻撃の手段が無いので、裏面打法はマスターしておくべきでしょう。

 

次回 5セット目

5セット目は福原選手が11-5で取ります。

→ 5セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です