世界卓球2016 オーストリア 男子A

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日に開幕します。
男子Aグループのオーストリアは、世界チームランキング7位(2016年2月)の強豪国です。準々決勝で日本と対戦する可能性がありますが、日本は勝つことができるのでしょうか。
参加が予想されるチームの主要メンバーと、最近3年の日本代表との主な成績を見ていきます。

名前
戦型
生年月日
世界ランキング(2016年2月)
大会名 (日程) 自身の世界ランキング
結果  対戦相手 (国) 相手の世界ランキング

 

 
フェガール

右シェーク ドライブ
世界ランキング23位
1980年8月13日生

クウェートオープン(2014.2.12-16) wr67
3-4  松平健太(日本)wr17

ドイツオープン(2016.1.27-31) wr22
1-4  丹羽孝希(日本)wr13

 

 

ガルドシュ

右シェーク ドライブ
世界ランキング25位
1979年1月16日生

男子ワールドカップ(2015.10.16-18) wr26
2-4  丹羽孝希(日本)wr13

 

 

陳 衛星

右シェーク バック粒カットマン
世界ランキング47位
1972年4月27日生

対戦なし

 

 

丹羽選手がフェガール選手とガルドシュ選手に勝利しています。なので、水谷選手と丹羽選手で3点を取ることはそう難しい話ではなさそうです。大ベテランのカットマン陳衛星選手には要注意です。
Aグループは中国がいるので、オーストリアは2位で通過する可能性が高いです。そして、抽選で日本のシード下に入って準々決勝で日本と対戦する可能性もあります。
日本にとってはむしろ「対戦したい相手」なのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です