世界卓球2016女子日本代表 石川佳純

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日に開幕します。
日本女子は前回2014年に続く決勝進出、そして45年ぶりの金メダルを目指します。
今回は女子日本代表の1人、リオ五輪代表でもある石川佳純選手を紹介します。

名前
所属
戦型
生年月日
世界ランキング(2015年1月→2016年2月)
世界卓球出場経験

 

 

石川 佳純
いしかわ かすみ
全農
左シェーク ドライブ
1993年2月23日生
4位→5位
10年連続10回目

ロンドン五輪や世界卓球2014で団体銀メダルを獲得し、日本を中国に次ぐ存在にまで押し上げた立役者です。
しなやかなフォームから放つ両ハンドドライブは細身に似合わず威力があり、中陣でのプレーも可能です。大事な局面での思い切った攻撃は誰にも真似できません。
そろそろ銀メダルも獲り飽きたでしょうから、もう狙うメダルの色は1つしかありません。
そんな石川選手、今回の世界卓球2016でどのような活躍をするのか、2015年以降の主な大会の成績から考えていきます。

 

スポンサードリンク




 

大会名 (日程) 自身の世界ランキング
結果  対戦相手 (国) 相手の世界ランキング

 

 

アジアカップ(2015.3.13-15) wr5
0-4  朱雨玲(中国)wr6
4-3  鄭怡静(台湾)wr43
4-0  徐孝元(韓国)wr10
Aグループの中国、朱雨玲選手に敗戦。
Aグループの台湾、エースの鄭怡静選手、Dグループの韓国、カットマンの徐孝元選手には勝利です。

ドイツオープン(2015.3.18-22) wr5
4-0  グランディシュ(フランス)wr99
4-1  石垣優香(日本)wr26
0-4  ソルヤ(ドイツ)wr45
日本と同じBグループのドイツ、ソルヤ選手にまさかのストレート負けです。

スペインオープン(2015.3.25-29) wr5
4-0  王重云(香港)wr-
4-2  松澤茉里奈(日本)wr-
2-4  杜凱琹(香港)wr33
Dグループの香港、杜凱琹選手に敗戦。

世界選手権蘇州大会(2015.4.26-5.3) wr5
4-0  スラドコワ (カザフスタン)wr-
4-0  パシュカウスキーネ  (リトアニア)wr85
0-4  木子 (中国)wr-

フィリピンオープン(2015.5.27-31) wr6
4-0  金ビョルニム(韓国)wr-
4-1  佐藤瞳(日本)wr-
4-1  田志希(韓国)wr26
4-3  石垣優香(日本)wr22
4-2  福原愛(日本)wr8

オーストラリアオープン(2015.6.3-7) wr5
4-0  ビューモント(オーストラリア)wr-
4-1  佐藤瞳(日本)wr39
1-4  帖雅娜(香港)wr41
Dグループの香港、帖雅娜選手に敗戦。

ジャパンオープン・荻村杯(2015.6.24-28) wr5
4-3  リン・イエ(シンガポール)wr49
4-0  リー・ジャオ(オランダ)wr35
1-4  丁寧(中国)wr1
Cグループのオランダ、リー・ジャオ選手に勝利。
Aグループの中国、丁寧選手には勝ったことがありません。

韓国オープン(2015.7.1-5) wr5
4-0  金敏姫(韓国)wr160
0-4  チェ・ヒョジュ(韓国)wr44

中国オープン(2015.8.5-9) wr5
4-3  ユー・モンユー(シンガポール)wr26
4-2  陳思羽(台湾)wr43
4-3  梁夏銀(韓国)wr12
1-4  丁寧(中国)wr1
各国の主力に対し実力を見せつけるが、丁寧選手には敗戦。

ブルガリアオープン(2015.8.19-23) wr5
4-0  A.ドデアン(ルーマニア)wr-
4-0  チェ・ヒョジュ(韓国)wr37
4-1  平野美宇(日本)wr19
4-3  梁夏銀(韓国)wr14
4-2  福原愛(日本)wr6
中国オープンに続き、梁夏銀選手に連勝です。

チェコオープン(2015.8.26-30) wr5
4-3  エーラント(オランダ)wr91
3-4  鄭怡静(台湾)wr35
アジアカップで勝利した、鄭怡静選手に敗戦です。

オーストリアオープン(2015.9.2-6) wr5
4-1  プロホロワ(ロシア)wr130
4-0  ビイレンコ(ウクライナ)wr47
4-1  フー(ポルトガル)wr39
1-4  鄭怡静(台湾)wr32
Cグループのウクライナ、ビレンコ選手に勝利。
チェコオープンに続き、鄭怡静選手に連敗です。

ポーランドオープン(2015.10.21-25) wr5
2-4  パルティカ(ポーランド)wr84

女子ワールドカップ(2015.10.30-11.1) wr5
4-0  イバンチャン(ドイツ)wr41
4-2  リュウ・ジャー(オーストリア)wr16
4-2  リー・ジャオ(オランダ)wr17
0-4  劉詩雯(中国)wr2
劉詩雯選手に完敗、やはり中国の壁は高いです。

スウェーデンオープン(2015.11.11-15) wr5
4-0  シャオ・ジエニー(ポルトガル)wr47
4-1  帖雅娜(香港)wr25
4-3  シャン・シャオナー(ドイツ)wr17
4-1  福原愛(日本)wr4
1-4  木子(中国)wr33

グランドファイナル(2015.12.10-13) wr5
4-2  シャン・シャオナー(ドイツ)wr17
0-4  朱雨玲 (中国)wr2
中国、朱雨玲選手にもストレート負けです。

ハンガリーオープン(2016.1.20-24) wr7
4-0  GUILin (ブラジル)wr126
1-4  崔孝珠(韓国)wr40

ドイツオープン(2016.1.27-31) wr7
4-2  陳思羽 (台湾)wr39
4-0  サマラ (ルーマニア)wr20
4-1  伊藤美誠(日本)wr12
4-1  李皓晴 (香港)wr25
1-4  武楊 (中国)wr10

 

 

中国以外の選手に対する勝率の高さは、さすが世界ランキング1桁です。しかし中国の壁は厚く、なかなか活路を見出だせない現状です。
今回の世界卓球できっかけをつかみたいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です