世界卓球2016女子日本代表 福原愛

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日に開幕します。
日本女子は前回2014年に続く決勝進出、そして45年ぶりの金メダルを目指します。
今回は女子日本代表の1人、リオ五輪代表でもある福原愛選手を紹介します。

名前
所属
戦型
生年月日
世界ランキング(2015年1月→2016年2月)
世界卓球出場経験

 

 

福原 愛
ふくはら あい
ANA
右シェーク バック表
1988年11月1日生
11位→4位
2年連続13回目

銀メダルを獲得した世界卓球2014は怪我で欠場しましたが、現在は中国選手以外ではトップの世界ランキング4位と、完全復活を遂げています。
表ソフトによるバックハンドは世界トップとも評され、激しい変化と速いピッチで相手を翻弄します。課題と言われていたフォアドライブも年々威力が増しています。
元祖「天才卓球少女」も遂に最年長となり、主将を務めます。若手の多いチームを頂上まで導いてくれることを期待したいです。
そんな福原選手、今回の世界卓球2016でどのような活躍をするのか、2015年以降の主な大会の成績から考えていきます。

 
 

スポンサードリンク




 
 

大会名 (日程) 自身の世界ランキング
結果  対戦相手 (国) 相手の世界ランキング

 

 

アジアカップ(2015.3.13-15) wr11
4-2  徐孝元(韓国)wr10
3-4  馮天薇(シンガポール)wr4
1-4  朱雨玲(中国)wr6
Dグループの韓国、カットマンの徐孝元選手に勝利。
Cグループのシンガポール、馮天薇選手、そしてAグループの中国、 朱雨玲選手に敗戦です。

ドイツオープン(2015.3.18-22) wr11
3-4  杜凱琹(香港)wr33
Dグループの香港、次世代のエース杜凱琹選手に敗戦。

スペインオープン(2015.3.25-29) wr11
4-0  ペルゲル(ハンガリー)wr115
4-0  ドゥボラク(スペイン)wr108
4-3  姜華珺(香港)wr30
4-3  ヤン・シャオシン(モナコ)wr50
1-4  平野早矢香(日本)wr15
Dグループの香港、姜華珺選手に勝利。

世界選手権蘇州大会(2015.4.26-5.3) wr8
4-0  フェヘル (セルビア)wr128
2-4  ビレンコ  (ウクライナ)wr63
Cグループのウクライナ、カットマンのビレンコ選手に敗戦。
依然としてカットマンは苦手のようです。

クロアチアオープン(2015.5.19-23) wr8
4-0  ガリッチ(スロベニア)wr170
3-4  倪夏蓮(ルクセンブルグ)wr69

フィリピンオープン(2015.5.27-31) wr8
4-0  許慧純(台湾)wr-
4-3  阿部恵(日本)wr-
4-0  平野美宇(日本)wr29
4-2  梁夏銀(韓国)wr17
2-4  石川佳純(日本)wr6
Dグループの韓国、梁夏銀選手に勝利。

オーストラリアオープン(2015.6.3-7) wr8
4-0  チャイ・ラン(オーストラリア)wr-
4-0  平野美宇(日本)wr19
4-1  石垣優香(日本)wr23
4-0  文炫晶(韓国)wr-
4-1  田志希(韓国)wr25

ジャパンオープン・荻村杯(2015.6.24-28) wr8
4-1  陳思羽(台湾)wr36
2-4  徐孝元(韓国)wr13
Aグループの台湾、陳思羽選手に勝利。
アジアカップで勝利した徐孝元選手に敗戦。

韓国オープン(2015.7.1-5) wr9
4-2  劉恩寵(韓国)wr88
4-2  平野美宇(日本)wr18
4-1  前田美優(日本)wr74
4-1  シャン・シャオナー(ドイツ)wr22
4-0  伊藤美誠(日本)wr10

中国オープン(2015.8.5-9) wr6
4-3  リ・ミョンスン(北朝鮮)wr32
4-3  木子(中国)wr42
3-4  丁寧(中国)wr1
Aグループの中国、丁寧選手とフルセットの激戦を繰り広げましたが、惜しくも敗戦。

ブルガリアオープン(2015.8.19-23) wr6
4-0  ヘプケ(ハンガリー)wr429
4-0  ラミレス(スペイン)wr116
4-0  石垣優香(日本)wr22
4-2  田志希(韓国)wr21
2-4  石川佳純(日本)wr5

チェコオープン(2015.8.26-30) wr6
4-2  黄怡樺(台湾)wr78
4-0  陳思羽(台湾)wr43
4-1  シャン・シャオナー(ドイツ)wr15
4-1  李皓晴(香港)wr36
4-2  ハン・イン(ドイツ)wr12
4-0  田志希(韓国)wr21

オーストリアオープン(2015.9.2-6) wr6
4-0  トマノフスカー(チェコ)wr299
4-1  若宮三紗子(日本)wr41
4-1  田志希(韓国)wr15
4-3  李皓晴(香港)wr35
0-4  ハン・イン(ドイツ)wr11
カットマンのハン・イン選手(帰化選手のため世界卓球2016は不参加)、チェコオープンでは勝利しましたが、今回は敗戦。

アジア選手権(2015.9.26-10.3) wr6
4-1  スターシニー(タイ)wr56
4-0  劉馨尹(台湾)wr174
4-0  梁夏銀(韓国)wr13
0-4  陳夢(中国)wr8
フィリピンオープンに続き、梁夏銀選手に連勝。
Aグループの中国、陳夢選手にはストレート負け。

ポーランドオープン(2015.10.21-25) wr4
4-1  李依真(台湾)wr72
4-1  ジルバーアイゼン(ドイツ)wr-
4-0  ポータ(ハンガリー)wr31
0-4  劉詩雯(中国)wr2
Aグループの台湾とハンガリー、李依真選手とポータ選手に勝利。
劉詩雯選手にはストレート負け。

女子ワールドカップ(2015.10.30-11.1) wr6
4-1  メシュレフ(エジプト)wr117
3-4  ソルヤ(ドイツ)wr27
日本と同じグループのドイツ、サウスポーのソルヤ選手に対し3-0から逆転負け。成長著しいドイツの若きエースは、威力のあるドライブで、石川佳純選手にも勝利しています。

スウェーデンオープン(2015.11.11-15) wr4
4-1  鄭先知(台湾)wr97
4-2  石垣優香(日本)wr26
4-3  伊藤美誠(日本)wr11
1-4  石川佳純(日本)wr5

グランドファイナル(2015.12.10-13) wr4
3-4  若宮三紗子(日本)wr34

ハンガリーオープン(2016.1.20-24) wr4
4-1  YOONHyobin (韓国)wr-
4-1  LEEI-Chen (台湾)wr68
2-4  帖雅娜 (香港)wr26
Dグループの香港、帖雅娜選手に敗戦。

 

 

対カットマンでの負けが目立ちますが、逆に言えばそれ以外であまり負けていないということなのかもしれません。
主将として初めての世界卓球、東京五輪への第一歩でもあります。金メダルの期待が持てる戦いを期待したいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です