世界卓球2016日程 大会5日目3月3日

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日~3月6日に行われます。
大会5日目の3月3日は、決勝トーナメント1回戦と女子決勝トーナメント準々決勝の一部が行われます。
まずはこの日のタイムテーブルです。

時刻は全て現地時間。日本とマレーシアの時差は1時間なので、マレーシアの10:00は日本の11:00となる。

 

10:00

女子決勝トーナメント1回戦①
女子決勝トーナメント1回戦②

 

13:00

女子決勝トーナメント1回戦③
男子決勝トーナメント1回戦①
男子決勝トーナメント1回戦②

 

16:30

女子決勝トーナメント1回戦④
男子決勝トーナメント1回戦③
男子決勝トーナメント1回戦④

 

19:30

女子決勝トーナメント準々決勝①
女子決勝トーナメント準々決勝②

 
グループリーグを1位通過したチームは、シードされるため決勝トーナメント1回戦はお休みです。
1回戦は、グループリーグ2位のチームと3位のチームが、抽選によって対戦します。
果たしてどのチームが1回戦を戦うのでしょうか。
グループリーグ2位、3位通過しそうなチームをまとめました。

 
 

スポンサードリンク




 
 

国名の前のアルファベットと数字は、所属するグループリーグと予想されるグループリーグの順位
国名の後の()は2016年1月時点の世界チームランキング。
※以下、日本は1位通過するという前提で話をします。

 

男子
D12 韓国(4位)
D12 香港(6位)
C2  ポルトガル(5位)
A23 オーストリア(7位)
B23 スウェーデン(8位)
B234 フランス(9位)
A234 台湾(10位)
D34 ロシア(11位)
D34 クロアチア(13位)
C34 ポーランド(12位)
C34 ベラルーシ(14位)
A34 ギリシャ(15位)
B345 デンマーク(16位)
B345 イングランド(18位)

 
この中の8チームが決勝トーナメントの1回戦を戦うと予想されます。
この1回戦は当然、2位通過のチームが勝ち上がる可能性が高いので、1回戦を制して準々決勝に進むのは韓国、香港、ポルトガル、オーストリア、スウェーデン、フランス、台湾辺りはのうちの4チームになりそうです。

 

 

女子
C12 オランダ(3位)
C12 シンガポール(5位)
D12 香港(4位)
D12 韓国(6位)
B2  ドイツ(7位)
A23 台湾(8位)
A234 ルーマニア(10位)
B3  北朝鮮(9位)
D34 オーストリア(11位)
D34 ロシア(13位)
C34 ポーランド(12位)
C34 ウクライナ(14位)
A345 ハンガリー(16位)
A345 スペイン(17位)

 
まず、オランダとシンガポール、そして香港と韓国のどちらかはグループリーグ1位通過でシードを貰うことになると思われます。2位通過になった方も、準々決勝には駒を進めるでしょう。
残りの2枠はドイツ、台湾、ルーマニアが入る可能性が高いでしょう。
ということで、この中から日本の準々決勝の相手が決まります。
抽選次第では苦戦を強いられることもありそうですが、果たしてどうなるでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です