世界卓球2016日程 大会6日目3月4日

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日~3月6日に行われます。
大会6日目の3月4日は、決勝トーナメント準々決勝の残りと女子決勝トーナメント準決勝の一部が行われます。
まずはこの日のタイムテーブルです。

時刻は全て現地時間。日本とマレーシアの時差は1時間なので、マレーシアの10:00は日本の11:00となる。

 

10:00

女子決勝トーナメント準々決勝③

 

13:00

男子決勝トーナメント準々決勝①
女子決勝トーナメント準々決勝④

 

16:30

男子決勝トーナメント準々決勝②
男子決勝トーナメント準々決勝③

 

19:30

男子決勝トーナメント準々決勝④
女子決勝トーナメント準決勝①
準々決勝は、グループリーグを1位通過してシードに入った4チームと、決勝トーナメント1回戦を勝ち上がった4チームで戦います。
勝てばメダルが確定する大事な一戦、どのような顔合わせになるのでしょうか。
シードになりそうなチームと1回戦を勝ち上がりそうなチームをまとめました。

 
 

スポンサードリンク




 
 

国名の前のアルファベットは、所属するグループリーグ
国名の後の()は2016年1月時点の世界チームランキング。
男子

シード
A中国(1位)
Bドイツ(2位)
C日本(3位)
D韓国(4位)or香港(6位)

1回戦勝ち上がり
韓国(4位) or香港(6位)
ポルトガル(5位)
オーストリア(7位)、スウェーデン(8位)、フランス(9位) 、台湾(10位)から2チーム
日本の準々決勝の相手として最も怖い存在なのは韓国です。
グループリーグで香港に負けて2位通過の可能性も十分ありますし、そこから準々決勝で日本と戦うこともあり得ます。
日本の方が格上ですが、韓国は波に乗ると手がつけられなくなるので、1回戦で勝った勢いを日本が止められないという可能性も考えられます。
そうならないことを祈ります。

 

 

女子

シード
A中国(1位)
B日本(2位)
Cオランダ(3位)orシンガポール(5位)
D香港(4位)or韓国(6位)

1回戦勝ち上がり
オランダ(3位) orシンガポール(5位)
香港(4位) or韓国(6位)
ドイツ(7位)
台湾(8位)orルーマニア(10位)or北朝鮮(9位)
日本の準々決勝ですが、日本のほうが強いのでどこが来ても大丈夫だとは思います。
ただ、オランダ、シンガポール、香港、韓国辺りはやはり怖い存在ですよね。
カットマンや左のペンドラなど色んな戦型がいるので、その相性によってオーダーを変える必要があるかもしれません。

 

ということで、日本は男女ともメダルを獲らなきゃいけないレベルのチームなので、準々決勝はどのチームが来ても基本的には大丈夫だと思います。
1試合でも多くテレビ中継されてほしいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です