世界卓球2016男子日本代表 松平健太

世界卓球2016クアラルンプール大会が2月28日に開幕します。
日本男子は5大会連続の銅メダル、更に39年ぶりの決勝進出を目指します。
今回は男子日本代表の1人、代表選考会で優勝した松平健太選手を紹介します。

名前
所属
戦型
生年月日
世界ランキング(2015年1月→2016年2月)
世界卓球出場経験

 

 

松平 健太
まつだいら けんた
JTB
右シェーク ドライブ
1991年4月11日生
23位→28位
4年連続8回目

ジュニアの頃から注目され続けている「マツケン」は今回で8回目の世界卓球です。
男子卓球界では希少なしゃがみ込みサーブの使い手で、優れたボールタッチによるブロックとカウンターが最大の特長。
世界卓球2013で北京五輪金メダリストの馬琳選手を破るなど、下剋上を起こしやすいので、重要な局面で活躍する可能性は大いにあります。
そんな松平選手、今回の世界卓球2016でどのような活躍をするのか、2015年以降の主な大会の成績から考えていきます。

 
 

スポンサードリンク




 
 

大会名 (日程) 自身の世界ランキング
結果  対戦相手 (国) 相手の世界ランキング

 

 

ドイツオープン(2015.3.18-22) wr27
4-2  ディヤス(ポーランド)wr135
3-4  サムソノフ(ベラルーシ)wr10
日本と同じCブロックのベラルーシ、大エースのサムソノフ選手は40歳にして未だ衰え知らず。身長189cmで中陣での守りのプレーが主ですが、前陣でプレーする松平選手は、この時は負けましたが、相性自体はいいのかもしれません。

スペインオープン(2015.3.25-29) wr27
4-2  サリフ(フランス)wr102
4-3  ワン(カナダ)wr75
4-0  吉田雅己(日本)wr80
4-1  プロコプツォフ(チェコ)wr83
3-4  黃鎮廷(香港)wr34
Dブロックの香港、黃鎮廷選手に敗戦です。

世界選手権蘇州大会(2015.4.26-5.3) wr25
3-4  グロート (デンマーク)wr134
Bグループのデンマーク、若手有望株のグロート選手に敗戦です。

オーストラリアオープン(2015.6.3-7) wr26
4-0  イム・ヒョンジュ(オーストラリア)wr-
4-2  デボ(ベルギー)wr192
1-4  何鈞傑(香港)wr83
Dブロックの香港、何鈞傑選手は、今年19歳のエース候補です。

ジャパンオープン・荻村杯(2015.6.24-28) wr26
3-4  譚瑞午(クロアチア)wr70
Dグループのクロアチア、譚瑞午選手に敗戦。
この頃の松平選手、負けが目立ちます。グロート選手、何鈞傑選手、譚瑞午選手はいずれも左利きで、松平選手が中陣に下がりやすくなっている傾向にあるようです。

韓国オープン(2015.7.1-5) wr35
2-4  アシャール(フランス)wr142

中国オープン(2015.8.5-9) wr35
4-1  楊子儀(台湾)wr229
4-2  江宏傑(台湾)wr99
0-4  樊振東(中国)wr3
Aグループの中国、次世代のエース樊振東選手にストレート負けです。

ブルガリアオープン(2015.8.19-23) wr35
4-0  ベキル(ブルガリア)wr1098
4-1  スボティッチ(セルビア)wr-
4-2  カラカセビッチ(セルビア)wr113
4-1  李尚洙(韓国)wr22
3-4  金東賢(韓国)wr41
Dグループの韓国、メンバー入りするであろう李尚洙選手に勝利し、メンバー入りしないであろう金東賢選手に敗戦です。やはり格上に対して力を発揮しやすいのでしょうか。

チェコオープン(2015.8.26-30) wr35
4-1  カルデラノ(ブラジル)wr52
0-4  森薗政崇(日本)wr21

オーストリアオープン(2015.9.2-6) wr25
4-0  スカチコフ(ロシア)wr78
4-0  李尚洙(韓国)wr20
4-1  M.カールソン(スウェーデン)wr106
3-4  張禹珍(韓国)wr41
Dグループの韓国、ブルガリアオープンに続き李尚洙選手に連勝です。惜敗した張禹珍選手はベンチ要因でしょうか。

ポーランドオープン(2015.10.21-25) wr27
4-1  程靖淇(中国)wr-
1-4  ガチーナ(クロアチア)wr21
男子Dグループ、クロアチアのエースであるガチーナ選手に敗戦。

スウェーデンオープン(2015.11.11-15) wr29
4-0  イスマイロフ(ロシア)wr289
4-0  李虎(シンガポール)wr59
2-4  樊振東(中国)wr2
中国オープンでストレート負けを喫した樊振東選手に対し、今度は接戦に持ち込みました。

ドイツオープン(2016.1.27-31) wr26
4-1  バイ•ホー (スロバキア)wr161
4-0  オベシュロ (チェコ)wr-
4-1  金民赫 (韓国)wr113
0-4  黄鎮廷 (香港)wr11
スペインオープンに続き、黄鎮廷選手に連敗。黄鎮廷選手はこの1年で急成長し、香港を引っ張る存在になっています。

 

 

この1年はあまり調子がよくないのかなという印象です。主にベンチを温めることになるでしょうか。
ただ、豊富な経験と、格上に対する爆発力は魅力です。
中国戦やドイツ戦などでの活躍が期待されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です