世界卓球2016組み合わせ 男子Cグループ

世界卓球2016クアラルンプール大会の組み合わせが決まりました。
予選Cグループは日本、ポルトガル、ポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、シンガポールです。
この6チームのメンバーになりそうな選手をまとめました。
果たして日本は予選を1位で通過することができるのでしょうか。

国名(世界チームランキング)
人名(世界ランキング 年齢)
世界ランキングは2016年1月時点
「Inactive Player」…4ヶ月以上ランキングの対象になる試合に出ていない選手のこと。世界ランキングから一時的に外され、更に4ヶ月試合に出ないと、完全に世界ランキングから外される。

 

 
 

スポンサードリンク




 
日本(3位)

水谷 隼 (6位 26歳)
丹羽 孝希 (13位 21歳)
大島 祐哉 (18位 21歳)
吉村 真晴 (21位 22歳)
松平 健太 (26位 24歳)

やはり日本が1位通過の本命でしょう。
2、3位で予選を通過すると、抽選次第では準々決勝で中国と当たってしまうので、確実に1位で通過したいところです。

 

 

ポルトガル(5位)

フレイタス (8位 28歳)
アポロニア (27位 30歳)
モンテイロ (38位 33歳)
GERALDO Joao (83位 21歳)
CHEN Diogo (231位 20歳)

対抗馬のポルトガルですが、世界卓球2014で日本と2度対戦していて、1-3、0-3でポルトガルが敗戦しています。
日本、ポルトガル共に、一昨年とほぼ同じ顔ぶれで戦うと思うので、ポルトガルとしては苦手意識があるのかなという感じでしょう。
日本が勝つ可能性(あくまで可能性ですが…)は高いと思います。

 

 

ポーランド(12位)

ゴラック (59位 33歳)
王増翠 (60位 33歳)
DYJAS Jakub (97位 21歳)
KULPA Konrad (221位 22歳)
ZATOWKA Patryk (243位 19歳)

選手層を見ると、予選3位通過の位置にいます。
しかしエースがおらず、星勘定が難しいので、どこかで躓くと危ないのかなとも思います。

 

 

ベラルーシ(14位)

サムソノフ (10位 40歳)
PLATONOV Pavel (129位 33歳)
KHANIN Aliaksandr (301位 18歳)
SHAMRUK Gleb (405位 20歳)
BARABANOV Kiryl (Inactive Player 22歳)

ここはもうサムソノフ以外でどう1点を取るかでしょうね。
そこ次第では台風の目にもなり得るでしょう。

 

 

ウクライナ(21位)

コウ・レイ (51位 29歳)
ZHMUDENKO Yaroslav (122位 28歳)
PRYSHCHEPA Yevhen (Inactive Player 30歳)
YEFIMOV Viktor (?)

正直、ここは厳しいのかなって感じです。

 

 

シンガポール(29位)

ガオ・ニン (19位 34歳)
YANG Zi (162位 32歳)
CHEW Zhe Yu Clarence (213位 21歳)
PANG Xue Jie (334位 23歳)
LIM Zheng Jie Edric (629位 19歳)

ベラルーシと同じ戦い方になるでしょう。
サムソノフガオ・ニンの結果次第で面白いことになるかもしれません。

 

ということでCグループは、2チームで1位争い、3チームで3位争いという構図になる気がします。
ちなみに私の予想は、1位日本、2位ポルトガル、3位は思い切ってベラルーシとしておきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です