中国に勝利【卓球戦術教室】水谷隼 - 許昕 1セット目 リオ五輪2016団体決勝

リオ五輪2016団体決勝、日本対中国の2番手、水谷隼選手と許昕選手との一戦です。

許昕 2 10 12 3 水谷隼
9 11
11 3
11 7
10 12

水谷選手が、過去12戦全敗の許昕選手に初めて勝利しました。
ここでは、水谷選手が12-10で取った1セット目を分析します。
 

スポンサードリンク




 

許昕のハンド別のデータ

水谷許昕 1許ハ
まず、ペンドラの特性通りフォアハンドの打数が多く、ドライブはもちろんフリックなどでも積極的に回り込んでいます。本来は強力なフォアドライブで相手を圧倒するんですが、今回はドライブでの失点が目立ちます。水谷選手のコース取りに翻弄され、ラリーで後手に回ってしまいました。

水谷隼のハンド別のデータ

水谷許昕 1水ハ
バックドライブをフォアサイドに多く送っています。このストレート攻撃が効果的で、許昕選手は的を絞れず、簡単に回り込めなくなりました。その後のフォアサイドでの打ち合いも、過去の水谷選手は台から下がってつないでいましたが、今回は積極的に前に詰めて強いドライブで相手を押し込んでいました。

 

次回 2セット目

2セット目は水谷選手が11-9で取ります。

→ 2セット目

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です